セミリタイアーズ

還暦オーバー!今日もチャレンジ!

Youtuberが副業を勧める理由は違う

おはようございます。健康第一こもしんです。

最近の大企業のリストラを見ていると、これまでの終身雇用制度が崩壊したことを実感できます。現実なんですよね。

以前、暴論ではありますが、このようなエントリを投稿しています。

 

comoshin.hateblo.jp

 

自分が60才になって感じることは、自身のパフォーマンスの低下です。一般的にみても、30~45才が最もチャレンジできる時期だと思います。それ以上の年齢になればそれまでの既得権を世渡りの方法にしている人も多いと感じます。

仕事を一番できる時に独立するのが成功確率が高いはずです。

 

同じような事をYoutuberも力説していますが、彼らにはまた別の戦略があるみたいです。

Youtuberがすべて同じではないですが、多くの人が副業を始めると彼らの動画の再生回数が増えるのです。

動画再生だけを目的にしているのなら何の問題もありません。むしろ無料でいろいろ教えてもらってありがたいです。

誰でも簡単に稼げますと謳っていますが、実際には簡単なはずがありません。多くの人は壁にぶつかっています。全く稼げない人のほうが多いのです。

彼らはそれを知っています。そこで情報商材の出番です。成功談やコンサルが売れるのです。

ちゃんとマーケティングされています。副業を始める人が増えると彼らの市場が膨らむようになっています。

そもそも月に5万円とか10万円の副業収入の為に、同じくらいの商材を買う必要はないのです。手探りで始めるのが副業です。合わないと思えばすぐに辞められるリスクの少なさが副業です。あわよくばサラリーマンを辞めることが出来るかも知れないという心の隙間を見透かされています。

 

会社から肩を叩かれる前に、40才を目安に自分の市場価値を高めて独立する。努めていた会社と業務契約を結び、個人事業主として次のステージに向かう。同じ業務をするにも資産形成上おおきく変化が出てきます。

 

起業は覚悟がないと始められません。たった一度の人生の中で最高の時期に勝負をかける事が事業を有利にするでしょう。