初老時代 セミリタイアライフ

還暦オーバー!今日もチャレンジ!

スポーツを考える

地元で開催されるオリンピックの真っ只中で、ボクの頭の中にとても不謹慎というか非国民というか、変な思いが湧いてきます。別に炎上目的ではございません。

スポーツとは何か?語源として有力なのがラテン語の「deportare」(デポルターレ)だそうです。直訳すると運搬する、転じて気分転換という意味があるようです。

気晴らしとかストレス解消のために身体を動かすことがスポーツの意義でもあり目的でもあるのです。そして競技としてのスポーツは、狩猟をおこなう際の練習であるとか余暇のなかで形作られた活動だった。

翻ってオリンピックを見てみると、そこにあるのは気分転換でもなく、余暇でもない。ただ、ひたすらに心身の限界に挑戦し、人類の可能性を追求する姿がある。その姿はとても尊くみえる。実際に限界に挑んだ選手は尊敬に値すると心からおもう。

 

心からおもうことが心配になる。選手は心身を限界まで酷使しているからだ。ボクらはテレビの前で、ただ感動していればいいのだけど、選手はとんでもないリスクを背負って競技している。池井選手が白血病を患ったのも、行き過ぎた高地トレーニングが原因の一つであると想像する人も多いと思う。39歳になる上野投手の、ソフトボールにささげた壮絶な半生に、ボクらは無責任に感動の涙を流す。

あまりにもハイリスク・ハイリターン。幼少時からの時間を、すべてスポーツに賭けてしまわないと、世界では戦えない。しかもどれだけ賭けたとしても敗者となる確率が圧倒的に高い。敗者には何も残らないのに。

 

純粋に生活の傍らでスポーツを追求し、達成感や連帯感、向上心の充足を得ていた頃とは状況が違いすぎている。特にオリンピックでは関わるほとんどの人が、それまでとは違う「計算」を隠し持っている。リスクに見合うリターンを取りに行く。大阪選手がグランドスラム大会よりオリンピックを選んだのは、聖火の最終ランナーというリターンだと思う。必ず歴史に残る希少価値は絶大だ。彼女は「計算」をしたのだ。

オリンピックには、お金には替えられない(替えようと思えば簡単に替えられる)利益がある。選手にその意識があるかどうかではなく、歴然と目に見えにくい形で利益があるのだ。ボクはそれ自体は健全だと感じる。だれだって利益のために活動するものだ。本当に心配しなければならないことは、利益のためのリスクがあまりにも高くなりすぎている点なのだ。すでに心身は限界を超え始めている。それでもなお、止まることが許されない空気が醸成されているようで、とても気持ちが悪い。

これ(オリンピックの競技)がもし、国威の高揚とか国民に夢や希望を与えるとか、そんな政治的な使い方をされているのであれば、一度立ち止まって考え直した方が良いでしょう。愛すべきアスリートのために。

f:id:comoshin:20210728165017j:plain

 

放浪の旅(6)自由への扉

1回目のワクチンを接種しました。

あと、5週間で自由への扉が開け放たれます。

そして、生涯初となる15日間という長期の旅を始めることが出来ます。

それを思えば、多少の副反応などへっちゃらです。

ただ、些細な懸念もあるのです。

ボクの自由への旅を阻止する要因が、二つあります。

 

デルタ株

デルタ株が猛威を振るっているのです。そしてこのデルタ株はワクチンの有効性を大きく減少させているとの、イスラエルからのニュースが入っているのです。専門家ではないので、ボクにはその真偽はわかりません。

ワクチンを打ったんだから、何も問題ないだろうと考えた皆さま、介護業界はそんなに甘くないのです。とにかくあらゆるリスクを徹底的に削るのが正義です。大事な高齢者様の命を預かっているのですから当然です。ご利用者様・スタッフ共に95%以上ワクチン接種済だとしてもです。もしかすると100万分の1の確率で、ウイルスをばらまいてしまうかも知れません。100万分の1の確率で。

 だけど、ニュースが正しいとなると、自由への扉は開かれません。

 

 台風シーズン

5週間後にボクの身体に抗体ができます。8月の下旬です。

まずまずの台風シーズンに突入している事でしょう。

関東にお住いの方々にはピンと来ないかも知れませんが、西日本は9月から11月まで恐怖におびえながら過ごしています。屋根瓦が飛ぶのではありません。屋根自体が飛ぶのです。

15日間という日程は、遠い南の海で台風が生まれてから日本上陸までの期間を軽く含有できる長さです。なんならその期間に大自然の驚異を2回ほど体験できます。

そんな生きるか死ぬかの時期に、会社を、自宅を離れることが出来るでしょうか?常識がある大人がとる行動ではありません。いわんや62歳が。

 

会社幹部と家族の根回しは順調です。同意形成は目の前です。

あとは自分自身の決断にかかっています。今はまだ、判断を下すタイミングではありませんが、時は刻一刻と迫っています。扉は、自らの手で開こうとする意志がなければ決して開かれる事はありません。

 

相棒のカブちゃんも少しずつ旅仕様にイノベーションしております。

f:id:comoshin:20210726164354j:plainf:id:comoshin:20210726164437j:plain

今までのダンボ―君    →    中華製アルミトップ仕様

f:id:comoshin:20210726164518j:plain

安物のサイドバッグ装着

f:id:comoshin:20210726164551j:plain

左から携行ガソリンボトル・自撮り棒・360度カメラ・パンク修理キット・五徳ナイフ

 

果たして、今年中に旅立てるのか?(ドキドキ)
 

 

仕事を辞めたくて仕方がない。 その理由を書いてみます。

仕事をしないとご飯が食べられないので、一生懸命働いてきました。

家族ができたので、家族の分のご飯も必要になりました。

仕事は自分で納得のいく状況を作りました。

何の問題もない。このまま定年まで辞めなくても問題ない。

だけど、仕事を辞めたくて仕方がない。

その理由を書いてみます。

 

① 人間関係がストレス

すぐストレスいう奴、だいたいカス。仕事にはストレスは付き物なんだけど、逆に仕事しなきゃいいじゃんって思ってしまったからもう戻れない。

② お金よりも健康

小金持ちの気分は味わった。ポルシェにも乗ったし旅行はグリーン車。経験はできたけど、大した価値だとは思わない。健康のほうが何倍も価値がある。間違いない。

③ そろそろ時間がない

気が付いたら、 自由に使える時間が残り少ない。75歳まで13年、一日4時間を自由だとすると18980時間。ボケーと惰性で仕事していたら、あっという間に人生終了。ムチャクチャもったいない。

 

やりたい事はいくらでもある。ゴルフ、旅行、創作活動、諸々。

遊び飽きるまで遊ばないと。

f:id:comoshin:20210722110337j:plain

 

五輪よりも楽しみな、稲村亜美vsなみきゴルフ対決

神スイングで有名な稲村亜美ちゃんとゴルフyoutuberのなみきちゃんのゴルフ対決が楽しみすぎるので共有したい。


www.youtube.com


www.youtube.com

もともと特に接点がなかった二人がTV朝日のyoutubeの企画で対戦することになった。最初はTV朝日となみきゴルフの共有コンテンツだったが、2回目、3回目はTV朝日公式の動はじレディースという番組として構成されている。コンテンツとしてなみきゴルフは吸収された格好になっている。この辺の視点も注目ポイントだ。


www.youtube.com

62歳にもなるのに若い女の子を追いかけるなんて、みっともないと思われても仕方ないが、あえて断言しよう。この二人には興味津々だ。

なぜ、注目しているかと言えば、彼女たちはまだゴルフ初心者だからだ。そして、一生懸命練習して、すこしずつ上手くなっている。その成長過程をジジイ目線で見るのが、すなおに楽しい。

もう一つの視点は、亜美ちゃんとなみきちゃんの性格が正反対ということ。サバサバ系亜美ちゃん(?)に対して、優しすぎるなみきちゃん。特に精神的にグイグイ押してくる亜美ちゃんはSっ気が満載。なみきちゃんはこの攻撃を受けて、ただいま2連敗中です。メラメラと女の意地がぶつかります。

プレースタイルも真逆で、パワーに任せてガンガン振ってくる亜美ちゃんに対して、なみきちゃんは確実なプレーを目指しています。まあ、そこはどちらも初心者ということで、自らのミスで自滅していくのですが、その様子がリアリティがあって面白い。


www.youtube.com

初めは二人だけの対決でしたが、今回の動はじレディスの出場選手はなんと6人になりました。3組目に女子大生ペアの参加があり、純粋に亜美vsなみきファンからすると、寂しさを感じます。もしかするとTV朝日は今回でなみきちゃんを切る可能性も感じます。

そうはさせるな!亜美ちゃんの意地悪攻撃や事務所の規模に負けずに、なみきちゃんのナイスプレーを期待します。

 

齢をとってからモテるジジイと非モテジジイ

まったくモテなかったボクが考察するテーマではない。

それは解っているが、人を見てきた経験があります。

デイサービスでもモテるジジイと非モテジジイが存在します。

女性介護スタッフのしたたかな対応を通して、高齢期のモテとは何かが見えてきます。

 

もちろん理解されているかと思いますが、モテると言っても恋愛の相手として、ではありません。

かと言って、ただ人畜無害な愛されジジイ、とも違います。

ちゃんと男として魅力のあるジジイと残念な非モテジジイがいるのです。

 

齢をとってからモテるジジイの特徴

・いつも笑顔

齢を取ると顔面の表情筋の筋力低下により、無愛想な表情になりがちです。高齢でも笑顔でいる人は、日常的に人と多く接し、多くの愛情を注いでいる人です。

・包容力がある

経験が豊富な人は他人を認めて尊重することが出来ます。色々な考え方をしっかり受け止めて、仮に意見が違ったとしても与える愛情は変わりません。

・生活に余裕がある

 自分の生活が逼迫していたら、他人にやさしくできないのかな?経験上、経済的にも安定しているジジイの眼に攻撃性は備わっていないようです。

・清潔感がある

高価な身なりということではない。たとえGUやしまむらの服でも、ちゃんと洗濯して汚れやへんな臭いがしないだけで、女性から安心感を得ているように見える。

・コミュニケーションは上手だが喋りすぎない

すべてを解ってほしいと、やたら喋りまくるのはNGだ。非言語的コミュニケーションで相手を気遣う姿勢が、女性の好感に繋がる。

・えこひいきしない

平等に接する。モテるジジイの高等テクニックはコミュニケーションを取るそれぞれの相手のストロングポイントもウィークポイントも知り尽くしている。その上で、気持ちを受け止めるのだから、若い子から妙齢の婦人まで、イチコロである。

 

非モテジジイの特徴は、モテジジイの逆だから、多くを記さない。

傲慢だとか自己中とか。

特に現役時代の権威や経済力を武器にマウントを取ろうとするジジイは最低だ。

表面的にはうやうやしく扱われても、裏ではモテるどころかクズ認定が発行される。

女性の評価は素直で厳しい。

一度クズ認定が下されると、挽回するのは至難の業だ。

それなら別にモテたくもないわ、と開き直るのも非モテ確定となる。

 

 資本や貨幣を中心とする経済社会には、もうすぐ大きな変化が起きるはずです。

各々の人間性が最優先に評価される社会。

そうなったらそうなったで、厳しい社会なのかも知れない。

荷物が多い女

バッグを2~3つ持って、アヒルのようによたよた歩くおばさん。

残念ながらボクの妻もその一人です。

彼女たちは、いったい何をバッグに詰めているのか?

不思議に思いますよね。ボクもそうでした。

 

一度、何が入っているのか、聞いてみたことがあります。

とても嫌な顔をされました。

「なんでそんなことを気にするの?」

カウンターで質問返しされました。

どうも、彼女のバッグには他人には不可侵の聖域があるようです。

 

それでも一緒に外出する機会は多いので、ちらちらと中身を覗いたりしてみました。

財布や化粧ポーチはあって当然ですが、高確率で食料を目にします。

飴ちゃんやグミや干し梅が入っています。

菓子パンも時々発見できます。

非常用食料は、お腹の周りに「脂肪」としてしっかり蓄えられているのに不思議です。

奥の方に裁縫道具もありました。

もちろん、外出先でも自宅でも、裁縫しているところを見たことはありません。

今後もないでしょう。いや、一生に一度くらいは必要になる場面があるかもしれません。

きっとその希少な機会のために裁縫道具はバッグの底で惰眠を貪っているのでしょう。

そのほか、タオル、薬(鎮痛剤やムヒ等の虫刺され薬)、ポイントカードホルダー、ウエットティッシュなどを確認できました。

まだまだ、未確認の物質があると思われます。

 

でも、ボクはボクの妻を、世の中の荷物が多い女性をディスっているわけではありません。彼女らは健気にもボクや家族のために、毎日「安心」を持ち歩いているのだろうと思います。

困ったことが起こらないように、もしもの時は最善が尽くせるように、準備しているのです。その事で多少歩き方がアヒルのようになっても、荷物で筋トレできるくらいの重量になってもバッグを減らすことはありません。

ドラえもんのポケットは四次元に収納されていて問題ないですが、現実はバッグがふくれるだけです。

ボクが手ぶらで出かけようとすればするほど、彼女は準備します。

途中で熱中症にならないように麦茶が必要だと。

 

人によって幸せのかたちは違うと思います。

安心が幸せだとしたら、持ち物は増えていくでしょう。

安全のために重装備をしたくなります。そんな気持ちを否定できません。

下手な生き方になりますが。

 

或る架空のできごと

50年前、日本は、いや地球はウラトラマンによって救われた。

突如あらわれた怪獣49体を抹殺して地球の平和を守ったのだ。

M79星人であるウラトラマンにどのようなモチベーションがあったのだろう。

ともかく、命がけのボランティア活動をして去っていった。

 

人々がウラトラマンの存在を忘れかけた頃、いまから2年前、1つの問題が起こった。

ウラトラマンの必殺技であるスーペシウム光線 が発射された土地の地中から、大量の残留ペシウムが発見されたのだ。

そしてそれは最悪な事に、汚染された土地の近くの住民のさまざまな健康被害を引き起こしていった。

発熱、おう吐、味覚障害、尿失禁、コミュニケーション障害などありとあらゆる症状が土地近辺であきらかに多く出現した。

さらにマズイことに、ペシウムは人体を介して空気感染をしているようだった。

あっという間に日本全国にペシウムは拡散した。

街には日本語を上手に話すことが出来ず、さらに小便を垂れ流しながらあるく人であふれた。

ペシウム被害から住民を救う手立てがまったく分からない。

それはペシウムは地球外の物質であるからだ。

たぶんM79星雲のどこかの物質だろう。シランケド

もちろん治療に当たるべき日本の医学では手も足も出ない。

日本政府はアメリカと中国の科学技術に頼ることになった。

 

アメリカの対応は素早いものだった。

わずか2ヶ月で治療薬を開発した。

まるで50年も前からペシウムの研究をしていたのではないか?と疑うスピードで、アメリカ国内の大手製薬会社が量産を決めた。

しかも1アンプル300万円という値段だ。

中国も負けていない。

6ヶ月で薬を開発して、それを材料に、南の島の領有権を主張するなどの政治的圧力をかけてきた。

 

ウラトラマンはもう来ない。

自分たちでしっかりと代償を払って解決するしかない。

日本政府は巨額の国債を発行してアメリカから治療薬を買った。

 

これで終りではない。

新薬の治験をほとんどやらずに投薬しまくったものだから、副反応が半端ではなかったのだ。

主に精神を壊した。

躁鬱症状と感情失禁また攻撃性が高まるなど、日常生活に支障をきたす患者がバク増してしまった。

 

そうなると、コントロール不能に陥った国民の怒りは、50年前に日本をいや世界を救ってくれたウラトラマンに向かうことになる。

あいつがスーペシウム光線を発射しなければ、こんな惨状になっていないと各地で暴動が起きた。

狂暴化したデモ隊は訴えたい内容を、コミュニケーション障害のためにうまく言語化できないだけでなく、失禁しまくるものだから、あたり一面臭くてたまらない。

暴動を起こしたってウラトラマンに届くはずがないのに、振り上げたこぶしの降ろしどころを失って、市役所や、村役場は凄惨を極めることになる。

もう、こいつら全員、怪獣に踏みつぶされてくれないかな。

そんな不謹慎な思いを抱く国民は少なからずいただろう。

 

そんな時に、ついにあの怪獣ベムラーが復活する。

ウラトラマンから護送されて宇宙墓場にむかっていたベムラーがまたもや脱走し、地球いや日本に降り立った。

小便を垂れ流しながら言葉にならない声で泣き叫ぶ罪なき人々。

ベムラーはその巨大で無慈悲な足で人々を踏みつぶしていく。

 

脱走したベムラーの後を追って再来日したウラトラマンは、早目のスーペシウム光線を準備した。

おなじ怪獣を同じタイミングで脱走させてしまった。

同じミスを犯すなんて俺はかなりヤバいんじゃないか?

ウラトラマンの心中は穏やかではなかった。

さっさとペシウムを浴びせて任務を完遂させなければならない。

そうしないとM79星での出世は望めなくなる。

ウラトラマンタロウなど実力の高い後輩からマウントをとられてしまう。

それだけは嫌だ。

偽りのないウラトラマンの心境だった。

 

その時!

!!ペシウム反対!!

そう書かれた青い横断幕がウラトラマンの眼に入った。

サッカー日本代表を応援するウルトラスJAPANの横断幕に、無理やり上書きされた怒りのワードだった。

デモ隊は、住民の許可なくスーペシウム光線を使用しないように求める。

自分が闘えば地球人は応援してくれるものと信じていたウラトラマンはショックの色が隠せない。

科学特捜隊やMATの姿もない。

それどころか地球人はスーペシウム光線の使用にも反対している。

地球のために戦っているのに、なんて仕打ちだ!

ウラトラマンの心から地球を救うモチベーションが急速になくなっていった。

 

ベムラーは充分な民意を得たあとで退治すれば良い。

ウラトラマンはそんな結論を出していた。

今、スーペシウムを使うタイミングではない。

まず、人々がベムラーによって多大な被害を被る必要がある。

ベムラーに踏みつぶされるくらいなら、多少のペシウム汚染は容認する。

そのような世論が形成されるまでは、静観しよう。

ウラトラマンは固く誓った。

 

しかし、落ち目のヒーローの予想は当たらない。

なんと、一度ペシウムを被ばくした経験のあるベムラーの体液が、ペシウムに対する抵抗性があることが分かったのだ。

免疫反応が確認された。

分かりやすく言うと、ベムラーの排泄物を摂取するとペシウム症状が劇的に回復した。

ついでにペシウム治療薬の副反応も改善された。

ベムラーは救世主となった。

さらにウラトラマンによる攻撃がなくなることで、すっかりおとなしくなった。

ベムラーは守り神だ。

世論は真逆のコンセンサスを形成した。

 

なんといっても地球上には3分間しか滞在できない。

ウラトラマンはほとんどの時間を宇宙空間から観察するしかない。

完全に役割が無くなったことを自覚したウラトラマンは、すべて放り出してM79星に帰ろうと決めた。

齢を取っていた。

引退してもだれも文句は言わないだろう。

ウラトラマンタロウと競わなくてもいい。

 

都合の良い言い訳をしながら、ウラトラマンは帰路に付いた。

途中、凶悪なバルタン星人とすれ違ったが、どうでも良かった。