セミリタイアーズ

還暦オーバー!今日もチャレンジ!

コロナで外出自粛だけど、運動をすすめたい

こんばんは。元気な60歳こもしんです。

普段は高齢者のデイサービスの代表をしています。理学療法士となって30年が過ぎました。リハビリテーション指導や運動の指導をしています。

昨今のコロナウィルスよる活動の自粛で皆さんとても窮屈な思いをされているのではないかと思います。長期戦になるとの首相の発言もあり、一体いつまで家に閉じこもっていればいいのかわかりません。

でも、何週間も閉じこもるのは、どう考えても健康に良くないと思うのです。これは30年間の理学療法士としての経験からも強くそう思います。

 

運動不足は怖い

下のグラフを見て下さい。2007年と少し古いデータですが、日本では運動不足に起因する死亡者数は、喫煙、高血圧に次ぐ第3位でその数は年間約5万人だそうです。高血糖(糖尿病の原因)より上です。よく考えると凄い数ですね。

f:id:comoshin:20200402173550p:plain

引用 健康長寿ネットより

 

運動不足の怖さは理解していただいたと思います。逆に運動が健康に良い影響をもたらす例をあげてみたいと思います。

血流改善

運動をするということは筋肉を使うという事です。筋肉はその栄養を血液を介して補給しています。血液の中のエネルギー源を必要としているのです。だから身体は心臓や血管などを使って筋肉に血液をたくさん送り出そうとします。

運動をしていない時に比べて血流が増えます。いわゆる血の巡りが良くなった状態です。このことは筋肉だけでなく身体の体のあらゆるところに血液が届けられることを意味します。内臓や脳や神経などにも必要な物質が血液を介して届けられ健康を保つことに役立ちます。

脂肪燃焼

ボクには偉そうなとこが言えないのですが、運動は無駄な脂肪を燃焼させる働きがありますよね。必要な脂肪もありますが、それ以外はなるべく燃やしちゃったほうがいいのかな?

骨粗鬆症の予防

運動不足で現れる症状として身体の中の骨がとても脆くなってしまう骨粗鬆症というものがあります。骨の中身がスカスカになっちゃいます。それで重症化すると普通に椅子に座っただけでも、咳をしただけでも背骨の骨がつぶれるように折れることがあるのです。特に高齢の女性に多いです。

そうならないためにも、定期的に運動するのが良いとされています。カルシウムを摂取するのが基本ですが、骨は外からの物理的な刺激でカルシウムを取り入れようとします。さらに太陽の光を浴びることでビタミンDの体内での生成を促します。

筋力維持

筋力とは一般的には最大筋力の事をさします。今、ボクがすすめる運動はどちらかといえば時給筋力です。閉じこもりで筋肉が落ちないようにするのが第一です。しかしながらモリモリ筋肉もテストステロンというホルモンを出しやすくしてヤル気が出てくるという効果もあります。

うつ予防・ストレス解消

筋肉の減少はうつを引き起こす原因になると言われています。デイサービスの利用者さんでも運動を続けてうつが改善した例が数多くあります。軽く汗ばむくらいの運動で頭の中までスッキリします。

睡眠障害予防・生活リズム改善

適度な運動で適度に疲れて、シッカリぐっすり睡眠がとれます。最近は睡眠時間よりも睡眠の質が重要だという意見が多くなっている印象があります。生活のリズムが出来やすいし、食事もしっかり美味しく摂れると思います。

 

具体的な運動の内容は、軽い筋トレとウォーキングで充分でしょう。スクワット20回、腹筋10回でも筋トレは続けると必ず効果を実感できます。また、ウォーキングは朝早い時間帯がおすすめです。人に会う確率も少ないですし、屋外は感染のリスクが間違いなく低いです。帰ったら手洗いを厳密に行えば大丈夫と思います。特に天気が良い日は自己免疫力向上に良い効果が有るでしょう。

もしかすると1年以上自粛生活が続くかも知れません。コロナだけが脅威ではありません。運動不足解消で健康を維持しましょう。

 

 

 

ボクが会社を作ったわけ~K病院のトイレの中で~

こんばんは。元気な60歳こもしんです。 

ボクが一般病院の職員を辞めて、自分でデイサービスを始めようと思ったきっかけは、当時勤めていたK病院の外来用トイレにありました。もう17年も前の事です。

 

その頃、ボクは43歳で、介護保険サービスの一つである通所リハビリテーション事業所の主任をしていました。

ある日の昼下がり、ご利用者のYさんがおなかが痛いと言われはじめました。

 

このYさんは当時87歳の強面の元軍人で、認知症があるご利用者様でした。

突然怒り出したと思えばとてもやさしい面もあり、ユーモアのセンスも抜群な方でボクはYさんが結構好きでした。

 

おなかを押さえて座り込むYさんに、「理事長先生に診てもらいましょうね」と声をかけ、外来診察室の理事長先生にお願いに行きました。

 

理事長先生はなんだかちょっとご機嫌斜めです。事務職員を叱って(怒鳴って)いるのです。

遠慮しながらもYさんの状況を報告すると「すぐに連れてきて」とのこと。

 

ところが、Yさんは受診の前にトイレに行きたいと言われはじめました。診察室の隣にある外来用トイレに誘導しました。理事長には「ちょっと待ってください!」と伝えて。

 

15分もすると理事長先生は次第にイライラしてきます。ボクも自然と焦ってきます。

Yさんは個室に入ってうんうん唸っている。「大丈夫ですか?」と声をかけました。

「まだなのか?」と理事長、「すみません!」とボク。

 

Yさんは便はなんとか出た様子ですが、ボクが急がせるので後始末の仕方がわからなくなってしまったようです。さらに焦ってしまうボク。

 

この時(Yさんのお尻を拭きながら)ボクは自分自身に大きく失望していました。

ご利用者の支援を行っているつもりが、いつの間にか理事長の顔色を窺う仕事をしていたのです。もっと認められたい、もっと給料や役職もほしい。そんなことを考えていた自分が惨めで情けなく感じました。

 

これからも、ずっと上役のほうに顔を向けて生きていくのか?

そう考えてすぐに、わたしは独立を決意しました。

転職nendo×はてなブログ 特別お題キャンペーン #しごとの思い出

転職nendo×はてなブログ 特別お題キャンペーン #しごとの思い出
by 株式会社Jizai「転職nendo」

ブロガーという生き方

こんばんは。元気な60歳こもしんです。

新年度からいよいよ中級ブロガーの仲間入りです。改めまして、よろしくお願いします。

ブログを始めて半年間、ブロガーとしての試雇期間も終わり、これからの人生をブロガーとして生きて行く覚悟ができました。

 そこで、ブロガーとは何かを検索しましたが、どうも釈然としないところがあります。先人たちからするときわめて無礼千万ではありますが、ブロガーを個人的に再定義しようと思います。

 

 

 ブロガーはブログを書く人

ブログとは「weblog=ウェブ上の記録」に語源があるとされています。簡単に記録できるツールとして芽生え、個人的な体験や日記などをウェブ上に記録できるブログとして各種サービスが拡がっていきました。それまではホームページという呼称で個人でサイトを構築する必要がありました。ブログはとても簡単に記録ができる優れたツールです。

ブロガーとはブログを書く人です。内容は様ざまです。

ブロガーはアフィリエイターとは違う 

 

混乱を招く呼称としてアフィリエイターがあります。アフィリエイターとはツールとしてのブログ等を利用して、契約した商品の広告を行う広告業者もしくはその予備軍です。事業というか商売というか。いわゆる仕事人ですね。

 ブロガーはブログで飯を食う必要はない

 

対してブロガーは自分の体験や日記を書き残す人だから利益を出す必要はないのです。もちろん利益があっても問題ない。インターネット上に記録を残し続けていればブロガーを名乗ることはできます。強いて言えばブロガーはブログを書くのが楽しい人です。 

ブロガーは個性を文章にする人

 

商品を売るための文章ではなく、 自分を売るために文章を書くのがブロガー。個性は最も重要な構成要素です。しかし、その扱い方はすごく大変で、興味を持たれる為には才能や努力や運が必要です。そして自分の個性に基づく信用で掲載商品が売れる事を嬉しく思うのがブロガー。

ブロガーは文筆家、写真家、思想家

 

ブロガーは文化、芸術分野の活動家です。自らの体験や考えを公表して読み手に何らかのエモーションを与えないと価値はありません。ゴッホピカソも自分の表現方法を貫き通したからこそ価値が生まれたのだと思います。

ブロガーは売れるために書くのではありません。書く活動にお金がついてくるのだと思います。

 

 

プロが教えるデイサービスの選び方 利用者とのマッチング

こんばんは。元気な60歳こもしんです。

通所リハビリ・通所介護(デイサービス)を24年間運営してきた実績から、失敗しないデイサービスの選び方を解説します。

 今回はご利用者側とデイサービス事業者をマッチングさせる考え方をまとめました。

 

comoshin.hateblo.jp

 

comoshin.hateblo.jp

  

comoshin.hateblo.jp

 

性別

 

ほぼ、男性か女性かで分けられます。デイサービスの男女比は3:7から2:8です。圧倒的に女性が多いのです。一般的に男性は高齢化した後、集団生活に馴染むのが下手です。だからデイサービスに行きたがりません。

男性に親和性が高いのはリハビリテーションに特化したデイサービスです。あまり他人と話をしなくても過ごせます。

女性は協調性が高いのでおしゃべりがたくさん出来る住宅地にある通常規模のデイサービスが向いています。

能力と疾患

 

デイサービスを利用する人は、少なからず活動能力や認知能力、調整能力など機能低下した状態であるはずです。そうでないと保険適応にはなりません。

その人の有する能力に応じたデイサービス選びをすることで介護や機能訓練の効果が良くなります。出来る事まで奪わないサービス量がポイントです。

能力的に低い人には専門職が多いデイサービス。

機能低下が少ない人にはオシャレなカフェスタイルの小規模デイサービスはいかがでしょうか。

年齢や性格

 

85歳を超えた方と65歳から75歳までの方ではデイサービス側の対応も微妙に違ってきます。前者は人生を達観出来る人が多くなるのに比べ、後者ではまだ自我が強く表れる傾向にあります。

現在、利用している人たちの年齢層に近いデイサービスを選べば要望に近い内容のサービスを受けられる可能性が高まります。

経歴・経済状況

 

ご利用者の経歴や経済状況も考慮すべき点です。色んな経歴の方が同じ時間を過ごすのですから利用者同士の軋轢も発生します。もちろん、そんなことは気にしない性格であれば問題ありません。しかし、持ち物や昼食代など考え方の違いを気にされるのであれば、大きな規模のデイサービスをお勧めします。

1日に50人以上になる大きなデイサービスは、嫌いな人と同じ日になっても一言もしゃべらないでいることも出来ます。気が合う人たちと小さなグループを作ることが出来るからです。

認知症

 

最期に、認知症を患われている人のデイサービス選びです。正直、一番むずかしいのです。慣れない場所で、ご利用者同士のコミュニケーションが上手くとれないケースも多く、ご本人の大きなストレスになることもあります。

決め手になるのは、経営者や管理者の経歴です。認知症についての深い知識と経験がものを言います。是非、事前に話をしてみて、信用に足る人物かを判断してください。

 

デイサービスなんて何処も変わりないだろう?と思われている人がとても多い気がします。でも、よく見るとそれぞれに特徴があり、相性があります。

平均すると数年間という期間を楽しく、効果のあるサービスを受けるためには、ご利用者とデイサービス事業者とのマッチングの良し悪しが重要になります。

皆様が後悔のない選択を出来る事をお祈りします。

ありがとうございます!月間1000アクセス達成!

こんばんは。元気な60歳こもしんです。

うららかな日曜日の朝に、月間1000アクセスに到達していました。皆さんのお陰です。

次の目標は月間10000アクセスです。10倍です。

f:id:comoshin:20200329175513j:image

約半年で1000アクセスは、果たして喜んで良いのか厳しい状況なのか、ボクにはよくわかりません。

ぼくの最終的な目標はボク自身の文章で月に5万円を稼ぐ事です。だから今は修行みたいなものです。エモーショナルなコンテンツをどうしたら作ることができるのか?年齢的に言っても最後のチャレンジです。

次の目標を考えると慌てたって仕方ありません。早くても3年くらいかかるでしょうし、未だメインコンテンツすら見つかっていません。しっかり足元を見ながら時には冒険を試みる必要もあると思っています。ってか、1000アクセスくらいで何を大袈裟に。。。

f:id:comoshin:20200329183037j:image

f:id:comoshin:20200329183119j:image

写真は、分かりづらいですが、鯉のスポーニングです。受精行動です。鯉の恋の季節なのです。たまたまウォーキングの途中に見かけました。

60cmもある鯉が身体をぶつけ合いながら子孫を残すために頑張っています。ボクがすぐ近くで 見ていても、お構いなしです。輝け!生命!

世の中ではいろんなことが起こっています。ボクらにはどうしようもできない事も多いです。

だけど、前を向いて歩くしかないです。だって生きているだけで素晴らしい体験をしているのですから。

 

※3/30 14:00に更新しました

 

そろそろ気付く人も出てきた

こんばんは。元気な60歳こもしんです。

昨日は緊急経営会議を開催しました。感染爆発時の対応をあらかじめ決めておこうと思います。

 

そもそもセミリタイアだと言うのに、なかなか自由な時間が取れません。年中バタバタしながら歳を取っています。

何故なのか?

売り上げを維持するためです。売り上げが低下すると困る人が出てくるからです。妻子がある人、教育費が大変な人、サービスがなければ生活が成り立たないご利用者などです。

だから本当はゆるく働きたいのですが、つい頑張ってしまうのです。いけませんね。

世の中を見ていても、同じような思いをされている人が結構いらっしゃるのではないでしょうか?

なんで、ここまで頑張らないといけないの?ちょっと無理していると感じているのに頑張っちゃう。そこまで頑張る必要ないんじゃないの?

 

勝ち取ったポジションは絶対に捨てられない。もう少し上まで行けるはずだ。立ち止まれば、置いて行かれる。そうやって働き続けるのが運命だと思っている?

最近叩かれているテレビマンも上司の評価を上げることに一生懸命になり過ぎて、視聴者の幸福なんて考える余裕がない。政治家もそうだ。AmazonGoogleも近所のコンビニも同じだ。落伍したくないし、ギリギリまで利益を追及する。そのためにあらゆる手段を考える。もちろん合法的に。それが努力だと思っている。

ボクだってそうだ。必要性がさほど高くないご利用者さんを拒否ったりしない。有難く利用したもらう。しかし9割は公費だ。

 

この国は豊かです。ご飯とおかずを2品くらいでは食費は100円以内で手に入る。月に9000円です。家族で3万円あれば足りる計算だ。あとは便利で美味しくてカッコよくて楽チンの代償を払うために馬車馬のように働くのだ。

何が本当に必要なのかを、考える人がそろそろ出て来ていると感じます。

明かに経済成長はいき過ぎている。贅沢すぎる商品をあの手この手で欲しがるように誘導されている。スマホの性能のどれくらいを使っているの?破れてないのに捨てちゃうの?その服。車の中とかお風呂の中までテレビが必要なの?それで何食分のご飯が食べられる?

こんなのが豊かさだとしたら、身を粉にして働くしかないよね。ブラックなのは自分の心ではないのかな。

 

自分と家族と周りの人をもっと幸せにする方法は、足るを知る、自分だけがおいしい思いをしない、身の丈を知る、分け与える事ではないでしょうか。

楽と楽しいは似ている。

 

経済対策・なんじゃそりゃ

こんばんは。元気な60歳こもしんです。

本当に世界はどうなっていくのでしょうね。お正月の頃は今の状況を夢にも見ませんでした。田舎なので緊張感がいまいちないのですが、じわじわと生活に影響が出ています。デマとか。

 

政府は新型コロナが収束後に国民に対して現金もしくは商品券などを配る経済対策を考えているようです。なんだしょりゃ!と思います。

今やらなくてはいけない政策がコロナ後の経済対策?それもバラマキ!

ひどい話になると、いろんな業界が○○商品券とかを火事場泥棒のように政府に売り込みをかけているみたいです。下衆ですな。

命か?金か?

大学で経済を学んだ身としては、経済対策の重要性は良くわかります。経済的な死という意味も理解できます。でも、首都がロックダウンしたらもう経済は終わりますよ。わかるでしょ。外国の人はテレワーク等を除いて仕事していません。すでに経済もダウンしています。

まずは命でしょう。

医療介護や食力品店など生活に直結する業務以外は人と接触することを禁じましょう。経済は二の次です。備蓄米を食べてでも再興しましょうよ。

会社を通じてサラリーマンに給料の7~8割を給付しましょう。年金受給者や赤ちゃんまで一律の給付より、よっぽど効果的です。それで自宅待機して感染を分断するしかありません。会議はZOOMで出来るでしょう。

家賃や携帯電話料金を政府が肩代わりしましょう。自営業者はひたすら耐えるしかないと思います。中途半端に営業して経費を使うよりギリギリまでお金を使わないのが得策です。最悪の場合、風評被害にあって、鎮静後も集客できない可能性があります。

接触さえしなかったら屋外の感染リスクは小さいはずです。家族単位で運動しましょう。生きること、生活することの意味をゆっくり考える時間ができます。

 

新型コロナは収束のめどが立っていません。1年以上影響が残るかも知れません。

収束した後より今の対策が必要でしょう。