セミリタイアーズ

還暦オーバー!今日もチャレンジ!

新規事業について

ボクのセミリタイアは、経営している会社の報酬と業務を少しずつ減らし、新しい活動を増やすスタイルです。

個人的にブログを書くこともその一環ですし、会社の内部で新しい部署を作ることもセミリタイアにつながるように設計していきます。会社のトップはこういう所でやり易いですね。

でも、反対に社員の給料を保証しなければならないし、会社の借り入れ(借金)も若干あります。また、個人の住宅ローンもまだ800万円ほど残っています。

稼ぎ続けなければならない理由があるわけです。

 

さて、新規事業ですが、なかなか上手くいきません。

介護保険業界に限らず、世の中は深刻な人手不足です。この流れはさらに加速するでしょう。

全く人手が必要としない事業はボクには作ることはできませんが、少ない人数で安定的な利益が見込める事業を模索しています。

一つ目は、高齢者のコミュニティをつくる事業。生活協同組合の進化版を考えています。従来のものと違うところは、生活そのものの利便性ではなく、生活の質に焦点をあてるのです。例えば以前このブログでも紹介した花苗や園芸土を届けるプランターデリバリー。そこから広がるカルチャーを事業化するもの。

二つ目は、有料老人ホームに入所希望者を紹介する事業。仲介料をホーム側から頂く、いわば営業じぎょうです。

三つ目に、介護保険事業あるデイサービスの3店舗目の開設。。中でもボクが最も得意とするパーキンソン病及びシンドロームに特化したデイサービスを考えています。同じ疾患は当然ですが同じような症状が現れます。リハビリや生活指導にも共通した課題があります。これをみんな(ご利用者とスタッフ)で解決していくスタイルは効果的だと思いませんか?

 

簡単ではありません。市場調査を進めると困難さが際立ってきます。さらに執行役員たちと会議すると、できない理由が山ほど出てきます。

ただ、ボクはけっこう楽しんでいます。チャレンジできる環境に感謝です。

 

今日はスマホから投稿させて頂きました。

それでは、また明日。