セミリタイア small life

還暦オーバー!今日もチャレンジ!

資本主義に抵抗してみた

 営利企業の経営者がバカなことを考えるものだとお笑いの諸兄、あなたは間違っていません。自分で自分の存在を否定するようなものです。

介護保険事業では、法人の区分けで、有限会社は営利企業と分類されます。当然ですね。

ボクとしては営利を目的で事業を行なっている意識はありません。公的な保険事業で自治体から委託された事業を、社会の利益のために真面目に運営しているに過ぎません。

しかし、一般的には営利事業です。自分のための利益を貪るために活動していると思われています。

介護保険事業は施設基準、人員基準、運営基準があります。それに今のところ、この業態は労働集約型です。だから、誰がやったって利益はそう大きく変わらないのです。

変わるとしたら、規模です。規模は大きくなるとスケールメリットが出てきますよね。規模は資本力に比例します。


2年前に自分の役員報酬を月5万円減らしました。それで、平均的なサラリーマンの月収よりも少なくなりました。子供が学校を卒業したからです。必要経費が下がったのだから報酬を減らすのはボクにとっては自然なことでした。一見すると、個人と法人の区別がついていない、悪くとると、零細ならではの公私混同経営ではないかとも思えます。報酬を減らしても不透明な運営が嫌だと思われるかもしれません。

持ち株を、希望する社員に有償譲渡しました。価格は評価額の10分の1です。それで、株保有者を執行役員に任命しました。以前から透明性を持って、バランスシートなどいつでも閲覧可能にしていましたが、きちんと読もうとする者はいませんでした。だから自分ごとにしてもらう事で経営に関心を持たせました。

執行役員には自分達の賞与を自分達で決めて良いようにしました。業績に応じて剰余利益と役員報酬のバランスを考えてもらいます。直近のボーナスでは従前の 2 倍になりましたが、ボクのボーナスはありませんでした(涙)

パート社員と面談し、手当等を上積みしました。土曜日の勤務は家庭との調整が大変なので土曜勤務手当を新設しました。そしたら執行役員の一人から、人件費率が高止まりして経営を圧迫するとクレームが出ました。


そもそも、労働集約型の会社組織は将来的に成り立たなくなると思っています。社畜と言う言葉があるように、確かに労働者は、資本家に時間を拘束されて労働を強いられます。正当な契約に基づいているのですが、社会が成熟して生きて行くのに困難がなくなると、労働の意味が希薄になるでしょう。働きたい時だけ働く、働きたいだけしか働かない、出来れば働かないで暮らしたい。世の流れとしては間違いなく、会社組織は減少するでしょう。ロボット頑張れ!

 

 

資本主義とは営利目的の個人的所有者によって商業や産業が制御されている、経済的・政治的システム。Wikipedia

 

抵抗してみましたが、時期尚早。ただ、ボクがジタバタするよりも、時代に流された方が効率的だと思いました。

 

なるようになるさ。

それでは、また明日。