セミリタイア small life

還暦オーバー!今日もチャレンジ!

ネットで小遣い稼ぎ


起業と言えばなにか大それた仰々しいものを想像しますが、ちょっとしたこずかい稼ぎだったら、やってもいいかなと考える人は結構いると思います。 一般にネット副業といわれる「せどり」「ブログ」「youtuber」を挙げてみます。三つともほぼ資金も設備も要りませんし、失敗のリスクもほとんどゼロに近いものです。ただ、地道に動き続けることが絶対に必要ですし、運も必要です。一般的な思考の人なら月に0.5万円から10万円の間で、苦労の割には稼げない仕事でしょう。 しかし、やってみて毎日でも続けるのが楽しいとか興味がドンドン深くなるなど、作業を継続するのが辛くなかったら、3年ぐらいで資産と呼べるぐらいお金を生み出してくれるものになるでしょう。

 

せどり

簡単にいうと転売です。安く仕入れてそれより高く売る。差額が利益です。物を売る事自体はかなりハードルが下がっています。amazonで売る。メルカリで売る。ヤフオクで売る。その他多くのサービスがあります。実際にメルカリを試してみましたが値段次第ではありますが、読み終えた本があっという間に売れました。簡単です。 ただ、継続的に売り上げを立てていくには仕入れをしなければなりません。ある人は激安店で仕入れ、ある人はヤフオク仕入れ、ある人は外国で仕入れして売っています。仕入れと配送手続きに時間を取られてしまっています。僕の娘は僕の蔵書をメルカリでガンガン売りましたが、結局1カ月で1万5千円ほどしか稼げませんでした。部屋が片付いてよかったのですけど。。。

 

ブログ

そろそろ収益性が薄くなってきていますが、ネット副業の王道だと思います。文章を書いてそれがお金になるのであれば文系の人にはある種あこがれにちかい仕事で、夢が見られます。多くの人が自分の文章を読んでくれるだけである程度の満足感があるでしょう。 自分のブログに広告を貼り、その広告料を受け取る仕組みになっています。だからロマンだけではお金になりませんw 難しい点としては、有益な文章を継続して公開していかなければいけません。すぐにネタ切れになるなら1円も稼げないでしょう。また、読む側の人が何を読みたがっているのかを察知する能力も必要です。60才を過ぎた男の日常を淡々と綴ったところで誰も読みたがりません。軸になるテーマが必要で、それが時代に合っているかが大切になってきます。割り切って、How Two物を記事として書いていくのもありでしょう。いまならPeyPeyなどのキャッシュレス決済の方法を分かりやすく記事にすることができますが、ライバルが山のようにいます。きっと消耗すると思います。

 

YouTuber

今一番旬なネットビジネスはこれですね。収益性も高いそうです。2020年から5G通信が普及しだすとますます需要は高まりそうです。まだまだ一部の人しか参入していないので可能性が高いです。 ただ、やれる人とやれない人がいるでしょうね。私はやれません。 まだまだ多くのネット副業があります。動画編集なども注目です。勉強する事ができるならプログラミングなど引く手あまたではないでしょうか? リスクなく始められますが、実際に収益になるかどうかわからないのがネットを使った仕事の特徴かもしれませんね。やってみる価値はあると思います。