セミリタイア small life

還暦オーバー!今日もチャレンジ!

迫りくる不死社会に怯えながら

「老化は病気である」

急にそんなことを言われても、戸惑うしかありません。以前に紹介した「LIFE SPAN」の中に出てくる学説です。偉い先生が書いた本なので、世間でも老化は病気の一つなのかという風潮になりつつある?かも知れません。けれど、もし病気だとしたら、とてもまずい事になりそうです。病気だったらそれを治療することが当たり前になるからです。そして人類はあらゆる困難に果敢にも立ち向かうのです。

AIを筆頭にする現代のテクノロジーは人類の寿命をさらに20年、30年と延ばすかもしれません。そうなると、年金は機能しなくなります。90歳とか100歳、それ以上に死ぬまで働いて生活費を稼ぐのが普通になるでしょう。社会のなかでどんなに疲弊して心身にガタが来たとしても、働くことを止めることができないのです。まるで野生の動物のようです。生きるために動き続け、動けなくなったら素直に死んでいくのは、それはそれで自然な事とも感じます。

もう一つ不都合なことがあります。それは脳の機能低下です。最新の医学でもなかなか解明できない領域で、現時点では血流を増やすとか外部からの電気的刺激を与えるといった原始的治療方法しかありません。脳の老化が80歳から始まるとしたら、20年から40年間は機能不全を起こしている中枢管理システムで生きて行くほかないのです。わかり易い例を挙げると大多数の人間が認知症を抱えながら30年余りの時間を過ごすということです。頼りない自分の思考に不安を抱えて狼狽えながら暮らすことになるかもしれません。

進化を続けた挙句に行きつくのは、ただ生きるために生きるというクソ面白くない未来である可能性は十分にあるのです。肉体や魂は単なる遺伝子の奴隷に過ぎないのでしょう。