セミリタイア small life

還暦オーバー!今日もチャレンジ!

やる気スイッチ、入りました。

 

f:id:comoshin:20191216104456j:plain
3日間、シッカリ遊んだら、仕事をしたいというモチベーションが湧いてきた。セミリタイアの身の上なので、これと言った仕事は無いのですけど。

この「モチベーション=やる気」の正体は何なんだろうと思います。基本的には生きるための本能ではないでしょうか?でも、頑張らないと死んじゃうって悲壮感ではなく、ワクワクしたものを感じる時が→「やる気」の様です。これもドーパミンとかいうホルモンが関係しているのかなー。

https://toyokeizai.net/articles/-/281236

 

ボクの場合、具体的には、

1、リハビリデイサービスのパンフレットを作る

2、看護師さんの勤務状況を整備する

3、新規事業を立ち上げる

 

1と2は、本日行う業務ですが、3は期限を区切った仕事ではありません。いや、区切ったほうが良いのかな?とにかく面白がってやりたい仕事です。

 

上のほうで書いた、ドーパミンというホルモンは、脳の中で分泌される物質です。空気感染はしません。絶対にしないはずなのですが、ボクは感染したのかもしれません。

妻との金沢旅行は、フルムーンパスを使いました。これはどこまで行っても定額で、しかもグリーン車を使い放題できるお得な切符です。ボクみたいな庶民感覚では、グリーン車は特別な座席という考えでいましたので、ちょっとリッチな気分を味わう事ができました。

 

でも、この車両に乗せてもらって一番感じたのが、ほかの乗客の意識の高さです。普段はいわゆる意識高い系の人たちには、なるべく近づかないようにしています。ちょっと喋ったら、バカがばれるのではないかと思うからです。

隣に座った70歳くらいのおっちゃん、身なりはキチンとしていて紳士だと分かりました。おもむろに分厚い本とノートを取りだして、勉強を始めたんです。70歳が電車で勉強。ちょっと衝撃的でした。さらに良く見ていると、ノートに書き込んでいるのは、なんと英語でした。分厚い本の正体も英語で書かれた本。2時間くらい没頭されていました。

 

もうこれは、そうする事が面白いからやっているのだと考えるしかありません。きっとそうですよ。嫌々できるものではないですよね。どこかの大学の先生だろうと思いますが、70歳になっても、イキイキとされている姿に影響を受けたというか、ボクも頑張ろうと思ってしまいました。楽しく仕事をするのが幸せだよなと。

 

やる気ホルモンに感染しました。

 

 

それでは、また明日。