セミリタイア small life

還暦オーバー!今日もチャレンジ!

ベーシックインカムについて考えてみた

竹中平蔵さんがテレビでベーシックインカムについての私案を披露し、若干炎上しているようです。ベーシックインカムとは「最低所得保障」などと訳される、月に8~15万円ほどを全国民に給付し、最低限の生活を保障する方法です。ただ、まだ理論や計画案だけで具体的には何も決まっていません。というか、導入されるかどうかもまったく白紙の状態で、議論を始めましょうといった段階なのです。だから竹中さんが何か言ったとしても全く心配などすることはないのです。それにベーシックインカムだけで暮らせと言っているわけではありません。今まで通り仕事をしても何の問題もありません。むしろ、仕事を継続する人が圧倒的に多いと思われます。今の所得プラスベーシックインカムということです。

何もしないで月に8万円~15万円貰えるとしたら、喜ぶ人が多いでしょう。僕だってそうです。だけど今でも財政赤字がすごい事になっている日本で、簡単にベーシックインカムを導入することは不可能に近いことだと思います。財源です。どこから原資を持ってくるかが問題です。今のところ現在の社会保障費を全部まとめたものを財源とするとされています。ボクもそれ以外で思いつきません。大企業と資産家に課税すれば良いと言う意見もあるかもしれません。しかし、それでは全然足りないし、日本から大企業と資産家がいなくなるだけでしょう。法人税の減収につながり、もらえる給付額が少なくなってしまいます。巨額の税金を納めてくれる人や法人があってこその制度と言えるでしょう。

ボクがベーシックインカムに対して感じる最大のメリットは、若い人が生活の不安を感じることなくチャレンジができるという点です。起業とかプログラミングとかアート活動とかスポーツとかです。思いっきりチャレンジできる環境が作れるのではと考えています。その中から世の中を大きく変えることのできる人間が現れるのではないでしょうか。もちろん人類を豊かにするサービスや活動という意味です。なるだけ多くの若者になるだけ平等にチャンスが与えられるメリットがあります。

逆に、デメリットは集中的に高齢者に向けられます。医療介護の保険制度と年金制度はベーシックインカムに統合されます。要するに今まで年金を20万円貰っていた人はそれが8~15万円になっちゃうということです。若い人なら労働する事でベーシックインカムに以外の収入を得ることができますが、高齢者には厳しいものがあります。さらにちょっと風邪を引いたと病院にかかると、簡単に4~5万円請求されることになるでしょう。入院治療となると数百万くらい覚悟しなければならないかもしれません。若い人は風邪などで受診しなくても平気でしょうし、入院など重い病気にかかる可能性は高齢者と比べるとかなり低いと思います。そもそも、長い間年金保険料払い続けたのに何なんだ!となることは請け合いです。

竹中さんはそんなことを解ったうえで、自分に有利な発言をしたのだろうと思います。