セミリタイア small life

還暦オーバー!今日もチャレンジ!

医療に求めるもの

 

Jリーグが再開してゲーム前に医療従事者への感謝の拍手というセレモニーを行っているのを見た。気持ちを実際の態度で表すのは大変結構なことだと思いましたが、肝心の医療従事者はどの様な気持ちであのセレモニーを見たんだろうか?感謝よりも感染の可能性を少しでも減らすために再開を延期して欲しいと思わなかっただろうか?新型コロナウイルスは、思っていたよりも手強いウイルスだ。これからもボクらを翻弄し続けるだろう。

医療体制に余裕がなくなれば、また非常事態宣言が発出されるはずだ。重篤化しやすい高齢者は不安に駆られるだろう。命の危険があるのだから。エクモという医療機器はそれを扱える技術者が少なく、年齢によってトリアージされる

基本的には健康は個人が守るものだ。国家や政府や病院が守るものではない。全てを国や政府や病院にお願いするのでなく、自分が自分の健康を守るために医療制度を利用するのだ。自分が選択した手段が上手くいかなかった時に自分以外の誰かを訴えるのは納得がいかない。人間だからミスはある。例えば針に糸を通す時どんなに慣れた人でも100回に1回くらいは失敗するはず。

だからよっぽど酷いミス以外は医療に責任はないのではないかとずっと思っていた。日本では医療を受ける権利はあっても、その医療の効果は保証されている訳ではない。良い悪いの問題ではなく、結果を作った要因は数多くある。医療はその中の一つに過ぎない。治療の難易度はさまざまだけど、難しい治療だからと言ってチャレンジしない医者は少ない。成功率が低くなってもチャレンジするのだ。しかし低くなった成功率のために不幸にもうまくいかなかった時に訴えられたりすると、医者はチャレンジすることすら難しくなる。なるべく医療に責任を求めないでください。

医療に対するリスペクトはそんな心の在り方にもあるとボクは思います。