セミリタイア small life

還暦オーバー!今日もチャレンジ!

家庭の経費を見直しました small life

こんばんは。元気な60歳こもしんです。

とうとう決断をしました。small lifeに向けて家計を変えていきます。

 

まず、変えなければならないのが家族の意思です。ボクだけが必要性を声を大きくして喚いても、ほかの家人が消極的だったら上手くいかないでしょう。重要なポイントと位置づけました。

妻としっかり時間を取って話し合いました。ボクらのデイサービスはとても危機的な状況に立たされていることを説明しました。娘と母上殿には夕食時に説明することにします。

それから最悪の場合を考えてそれでも生きて行けるお金の使い方を一緒に考えました。大筋でボクの意見に同意してくれて、話し合いはスムーズに終了しました。

 

家計の見直しは月単位で53000円の支出削減とボクと妻の役員報酬の30~40%削減です。最悪のケースを考えるとこれでも足りませんが、そうならないように努力します。

生命保険は半減します。もういつボクが死んでも家族は困らないからです。お葬式もあげないでも良い社会になっているはずです。

スマホ代は簡単そうで、実は難しい項目でした。今はauで固定電話やインターネット回線までまとめているので、結構お得になっているのです。ヘタにいじると割高になりそうです。でも、ここは決断しました。社会人3年目の息子のスマホ代を親が支払っているのは甘やかしだと思います。自分で格安simと契約しろと電話しました。娘も同じです。

DAZNとツタヤの月極サービスを中断しました。コロナ禍が過ぎ去るまで課金しません。

食費はブラックボックスでした。いくら使っているのか把握していないようです。四人家族で5万円以下にしようと決めました。食費専用の財布を用意して、給料日に5万円入れてゼロ円になっても補充しない。

 

これで53000円以上の削減が出来るでしょう。

ただ、small lifeはお金を使わない事を良しとする生活ではありません。精神的には豊かな生活を目指します。本を買うお金とか美味しいものを食べるお金は辛抱しません。少なくなるだけです。自粛生活はその点では好都合です。

仕事がなくなる事まで想定して準備を始めました。なんとか生きて行けそうです(笑)

 

今回の売り上げの減少傾向はボクらの努力不足が原因ではありません。自然災害でどうしようもないのです。だから罪悪感をなるべく持たずに立ち向かいます。

65歳まであと4年、エアポケットみたいなこの時間をなんとか有意義な時間に変えていきます。

f:id:comoshin:20200418190508p:image