セミリタイア small life

還暦オーバー!今日もチャレンジ!

「臆病者のための株入門」を読んで考えた

おはようございます。こもしんです。

書評を書こうかと思いましたが、無理でした。内容を把握できませんでした(笑

 

橘 玲さんという人は元宝島の編集者だったらしい。お金に関する小説やノンフィクション等を多く書かれています。

今回の「臆病者のための株入門」は自身の体験などを多く取り入れ、読みやすいように工夫された株の入門書です。

しかし、株売買を勧める内容にはなっていないところが面白い。愚かな人間の尽きないお金への欲望を描いているようで、ボクとしては読んでスッキリしました。

経験に裏打ちされた株に対する考え方は至極まっとうです。レバレッジとかヘッジファンドとか、どうかしていると思っていたけど、詳しくないので意見できなかったことに関しても明快に博打であると説いている。

そんな説明を受けても理解ができないボクみたいな奴は、絶対株式投資なんてやるもんじゃないという事を教えてくれるだけでも読む価値がある。

中学校から金融や投資の勉強をしたほうが良いという人もいるが、中途半端な理解であれば逆に教育は毒になると感じました。格好のカモを育てるようなものです。危険です。

著者はそれでも冷静さと欲望の狭間で時計の振り子のように揺れ動いています。それは株式投資に限らず資本主義社会に生きるすべての人が振られているのだと思います。

 

悲しい人間の性を思い知らされますが、それが却って清々しい良書です。